サポート
HUNT4Kへようこそ
街にいる才能あるハンターと経験豊富なかわいい子。お金のために彼氏の目の前で股を開く純粋無垢であどけない美女たちを見つけるため。自分の彼女が赤の他人の男の前で裸になったときの彼氏の反応に興味はありませんか? カップルはこの状況を切り抜けるだけの強い心を持っているでしょうか? 本物の女の子たちと真実のストーリーを超ウルトラ高画質で、今すぐあなただけのために! あなたの欲望を満たすために動画を集めました−−それがハント4Kです。今すぐ参加して、すぐにお金に目が眩み、簡単にカラダを売る女たちのいやらしい世界を探索してください。  今すぐ登録
もっと
プライベートプールでセックスアバンチュール
Aurioホテルプール。
35:05
5.0
俺は短い休暇を取って、スパセンターのプールサイドでゆっくりくつろいでいたんだ。俺は一人っきりではなかったけど、全然嫌じゃなかった。だって一緒にいるのはすごくきれいなカップルなんだ。俺は彼らの愛と若さを楽しんでいたんだけど、少しは嫉妬したね。だってその子、信じられないくらい美しいんだ。はっきり言って、ちっちゃい水着を着た彼女は完璧だよ! それで… 俺は失うもんは何もないし、たぶん俺たちは二度と会うこともないし、だから俺は金を見せて俺の希望を率直に言ったんだ。そしたら成功!俺は彼女を手にできたんだ!俺の股間はすでに超硬くなって、彼女は一生懸命働いてくれたよ。そう、舐めたんだ!俺はこれのために金を払ったんだからね!さあ君の穴を愉しもうじゃないか!俺にはデカい計画があるんだ!
セクシーな犠牲者が俺の罠に引っ掛かったぜ!
プラハ。
42:17
4.7
ひざまずいて俺のちんぽをそのおクチでしゃぶってるこの子と、俺たちの隣のソファで不機嫌な顔してる男――彼らが誰か知りたいなら、俺が君に教えようじゃないか。俺はハンターで、俺はこのかわいい子をセックスのために金で買ったのさ。ときには、彼らは一人じゃないこともある、でも俺はそれがもっと好きなんだ――この寝取られ男に見られながら、俺に夢中になってる女をぶち犯すのがさ!そうだよ、もうわかっているだろ。俺について来な、俺はデカい計画をこの子に仕掛けたんだ!俺はこれからこの子が派手に潮吹きするまで後ろから突っ込んで犯すんだ。そんで、彼女にも上に乗ってもらう、俺がその背中にぶっかけるまでね!
ボーリング場でセックス――ストライク獲ったぜ!
プラハ、ボーリングバー”Roztoky"
40:04
4.7
俺はその日、大きな街のボーリング場にいたんだ。隠れ家的なバーを選んで、人間観察を始めた。その中に本物のお宝があったよ――スキニージーンズを履いたすごく美しい子だ。彼女はボーイフレンドと一緒に来ていたけど、そんなことは俺には関係なかった。俺は金がたくさんの問題を解決してくれることや、彼らがいい返事をくれることをわかってたからね。その男は金を数えながら、自分の彼女の口に俺がちんぽを突っ込むことを許したよ。そう、この恥ずかしがりな美女の価値はいつだって小銭で決まるってワケ――この子がマジですごかった!彼女の甘い唇が俺のガチガチのちんぽを舐め回って、もう俺はおかしくなりそうだったよ!彼女の世間知らずな瞳が俺を見つめてムラムラさせてくるから、俺はもう思うままに全力でアソコにぶち込んだね!ああそうだよ!もう超最高だった!
彼女なら俺のちんぽでバケーション中
プラハ。共和広場。
42:21
4.6
それは暑い夏の日で、俺はショートパンツのセクシーな子に釘付けだった。彼女は彼氏と一緒に旅行会社の近くに立っていたんだ。俺は世間話をはじめて、このかわいい子はまだ海を見たことがないってことがわかった。ここからどうやって立ち去ることができる?俺はいつも通り金ならたくさん持ってる、だけどひとつだけ問題がある――この彼氏、海までのチケットの代わりに自分の彼女とヤラせてくれるかな?驚いたことに、彼女の決断は早かった、すぐに完全に同意してくれたんだ――ああ、俺このタイプの子大好き!彼女は人生でどうやったらすべてを手に入れられるかよくわかってるんだ!俺のアパートに着くとすぐに、彼女は俺にいちゃつき始めた――そうだ、金は大事だよな!絶対に浮気してるよこの子、だって俺の大きなムスコを咥える動きがプロ並みなんだ…
プラハは売春ツアーの都!
Masarikovo駅
35:17
4.6
女の子たちはつまんない男たちが大っ嫌い!女の子は楽しいことしたいんだ!そして、僕が駅の近くで会ったデニッセって子は、それを僕にもう一度証明した子だ。彼女はプラハは初めてで、彼氏とパーティーを楽しむために来ていた。だけど、彼氏は美術館とか展覧会の方が好きらしい。デニッセはそんな彼氏にがっかりして、僕とセックスすることに何の抵抗もないみたいだった。この従順な彼氏、僕がいくらか払って彼女とヤリたいって言ったら「いいよ」だって、信じられる? 最近の若いのは俺みたいな本物の残忍で非道な男のことを何も知らないんだな。彼らをアパートに案内して、彼女をソファに押し倒し、シャツを剥ぎ取った。そしたら彼女なんとノーブラで、僕はそれに無我夢中で吸い付いたよ…
ボーナスアクセスサイト